UNDER HUNTING

【アンダーハンティング】のブログ
大阪 泉南野池 ブラックバス爆釣〜スポーニングで数釣り
この時期スポーニングに入ると比較的簡単にバスが釣れるのですが(ネストのオスの場合)

メスの大きな個体はなかなか釣れにくいです。

と言ってもクルージングしていないネストに留まっている時期のオスとメスならば比較的簡単ですけど・・

前置きはさておき、いつも池原ダムに行く前にサイトの練習をする為に、とある泉南の野池に行きます。

この池はサイト目当てに結構人が多いのですが

皆さんは4月頃に来る方が多いです。

しかしこの池は大体3月中旬頃に大きな個体のバスが

釣れるので比較的その時期は釣りやすいです・・

と言うか3月中旬だと釣り人は殆どいないです。
ラッキー

しかし今年は去年とは違い状況が数年前の時と

同じだったのでデカバスは4月中旬〜末辺りだなと思い4月中旬から末にかけて、

ほぼ毎日朝だけ1時間かけて行ってきました。

結果はと言うと・・ここ一週間爆釣

最小で45cm〜最高で58cm


大阪 ブラックバス爆釣




大阪 ブラックバス爆釣




大阪 ブラックバス爆釣




大阪 ブラックバス爆釣




大阪 ブラックバス爆釣




大阪 ブラックバス爆釣




あまり画像ばかり載せていても仕方がないので・・・

反応がいいのが45cm台がよく釣れ最高が58cm。

1日平均15匹以上(実釣は約50分)

1週間で100匹以上なので

大げさですが一年分釣った感じです。 


この池でここまで上手くあてはまったのは数年ぶりです。

本当はもっと釣りをしたいのですが帰りも約1時間かかるので・・。

この池を見つけ通い始めて10年以上過ぎましたが、

今回はバッチリ爆釣とビックバス的中って感じでした。


しかしただ、投げれば釣れると言う訳ではなく、

ちょっとしたテクニックと、あるルアーのみ超反応があるので釣れます。

現に周りの方は同じ時間帯から釣りを始めても1〜2匹位でした

周りを見ているとラバージグに白系のトレーラーを付けてサイトをしていたり

ワームでネチネチやっている人やスピナーベイトをブン投げている人・・・

この池に限っては、そのやり方だと1〜2匹位か0匹です


まぁワームでネチネチや、ラバージグで長々と狙っている人がいてくれると

その人が場所を空けてくれると、比較的簡単に釣れるので

私としては楽ですが・・・ ハイエナ釣法・・なんちゃって

テクニックとかを書いてしまうと面白くなくなるので書くのはやめておきます


ルアーは一番最後の画像を見て頂くと、わかるかと・・・ん?わかりにくいですかね

メガバスのマーゲーです。

しかし現在発売しているタングステンタイプでは無いタイプです

少しの差だとは思いますが、タングステンタイプだと逃げてしまうけど

そうでないタイプだと反応が良かったです

どうしても欲しい方は中古ショップで売っているので探してみて下さい。

500〜600円位です


試しに別メーカーの似たようなシルエットのルアーで

CCプレデターとかスレッジやスピンムーブシャッドを

試してみましたが反応が無かったです

前から分っていましたが人間には分らないちょっとした

音や波動が関係しているのだと改めて思いました




釣り場所などの動画や、リニューアルもしていきたいと思いますので

気になれば見て下さいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

UNDER HUNTING
| underhunting | フィッシング | 01:20 | - | trackbacks(0) |
http://blog.underhunting.com/trackback/603369
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+【アーカイブ】 ARCHIVES
+【リンク】 LINKS
+【プロフィール】 PROFILE